家づくりに際して子供のために気をつけた点

子供のために広島に建てた家づくりで気をつけた点が私にはいくつかあります。
まず、気をつけた点として、階段の上の踊り場のところです。こちらは、壁になっているのですが、間取りを組み立てる際には「スケルトン階段にするかどうか」というところを営業マンと話し合いました。結果的にスケルトン階段にしなかったのですが、これには理由があります。
そういったシースルーの踊り場や階段ですが、営業マンがいうところにはお子さんが成長期にさしかかったときに、スカートの時に気を使う事があるという話を聞きました。私はなるほどと思いました。たしかに、ショッピングセンターなどでも、こういったスケルトンの階段などになっている場面ではそういった際に気を遣うことがあるのですが、家の中でもそんな気をつかわなければならないのは困るなと思ってしまいました。家の中はリラックスした格好で歩き回りたいと思いましたので、そういった事情でシースルーの階段は止めておくことにしました。

家を購入する前に周囲の人から話を聞こう

地元豊田市に注文住宅の家を購入すれば、その土地に長く住むことになると思います。ですので購入する土地がどのような環境なのかを、あらかじめ知っておく必要があります。
今はインターネットがありますので、災害に遭いやすいのかといった情報はある程度得ることが出来ると思います。けれどもそれ以上によく知っているのが昔から住んでいる近所の方です。
雨が降れば周囲が水に浸かりやすいことや、よくバイクや車が爆音で走っているなど、インターネットだけでは知ることが難しい情報を知ることができます。
子どもがいる場合は、話す事によって周囲にどのくらい子どもがいるのかも同時に知ることができますし、周囲を歩くことで気付くことができなかったようなことも知ることができると思います。
わたしたちの購入した家は、道路沿いにあるのですが、見通しもよく、事故が起こるような場所ではないように見えました。しかし実際に住んでみると事故が起こりやすいと言われていたようで、購入する前にもっときちんと周囲の人達から話を聞けばよかったと後悔しました。

外に洗濯物を干す場合は屋根があると良い

みよし市で新築一戸建てを購入して、後悔しているところは、外に干した洗濯物です。
購入した時は、2階のベランダに洗濯物は干して、雨が降れば室内干しにすればいいと思っていたのですが、その考えがすでに甘かったと思っています。
家にずっといる場合は、突然の雨にすぐに対処出来ると思うのですが、共働きで仕事に行っている場合、雨が降ってしまってもどうしようもありません。軒が全くありませんので、小雨でも洗濯物はびしょびしょになってしまいます。雨に濡れてしまうと洗濯物は臭くなってしまいますし、そんな服を旦那や子どもに着せることは可愛そうです。そのため、降水確率が少しでもある場合は外に干すことができずに室内干しになってしまいます。
梅雨になれば雨が降る日が多くなりますし、いくら室内干しができるといっても限度があります。もしも軒があれば、ちょっとした雨なら濡れることなく安心して外に干すことができるのに、失敗したなと思っています。洗濯物は毎日出るものですし、もう少し考えれば良かったと後悔です。