憧れを現実に変える家

私は十代の頃から、北欧の街並みに憧れていました。結婚して子供も授かり、自然と住宅雑誌に目がいくようになったある日、輸入住宅の存在を知りました。十代の憧憬が現実の家族との住まいになる。私は、意を決して輸入住宅の家を大津市に建てるため土地を探すことに決めました。
輸入住宅で建てるということは決まったのですが、どのような土地に家を建てるのか、かなり悩みました。私達夫婦は昆虫採集や植物観察など自然に接することが好きです。できれば子供達にも自然に接して欲しい。このような願いと、通勤や日常生活の利便性、治安などを見合わせながら、神社の門前町の一画に居を構えることにしました。
輸入住宅は間取りや佇まいの選択の自由性が高く、自分の理想とする家に近いものを建てることができました。一般的な日本住宅よりコストが掛かり、予算を少しオーバーしてしまいましたが…。
家族からは吹き抜けと暖炉のあるリビングが求められていました。暖炉の設置場所に苦戦しながらも、何とか皆が納得するものになったと思います。子供が伸び伸びと走り回れるような、広々とした間取りの家にしたかったのですが、その点もクリアできました。家を建てると、家族全員が様々なことに関心を持つようになり、子供達にも新しい趣味が増えました。それに伴う家族間の会話は以前よりも、よりにぎやかです。新しい空間が新しいチャレンジを促してくれています。

明るいリビングルームが自慢です

二世帯住宅を豊田市内に建てる時にこだわったのは、リビングルームの日当たりです。
私の実家は、昔ながらの日本家屋なので、リビングルームではなく「居間」だったのですが、少し天気が悪くなると昼間でも電気を付けなければいけないほど日当たりが悪かったのです。一方で、滅多に使わない客間は家中で一番日当たりがよく、子供心にもったいないように感じていました。
リビングに家族が揃うのはどうせ夜なんだから、日当たりにこだわらなくても、という意見もありましたが、休日の朝、日当たりのよいリビングで家族でゆっくりと朝食をとっていると、気分が明るくなります。1人で自宅にいる時も、明るいリビングルームにいると、悩みがあっても前向きになれる気がします。子供たちも、明るい部屋で宿題をしたいと思うようで、自然とリビング学習をするようになりました。
決して広くはないスペースですが、一番長い時間を過ごすリビングルームの日当たりにこだわったことで、本当に快適に過ごせています。

お料理教室ができるリビングの注文住宅

お料理教室を開催しているので、マイホームを持ったら自宅のリビングでお料理教室を開きたいとずっと考えていました。今までは、公民館を一部屋借りてお料理教室を開いていたので、自宅のリビングでゆっくりと生徒さん方と話しながら楽しくお料理できるのはいいな〜と思い、色々と検討していました。
なので、今のみよしの平屋を建てる際に重視したのは、リビングの広さです。やはり教室に来て、お料理を作った後にゆっくりと食事ができるような明るいリビングとキッチンにしたかったので、オーブンも埋め込み式にして、かなりスペースを十分に取れるような広さにしたり、注文住宅にしてこちらの意見を取り入れてもらいました。やはりかなり充実したリビングになったことで、綺麗でスッキリしたデザインになり、また機能的なキッチンになったので快適です。お料理教室は動きやすさと人が分散しやすいよう、そしてキッチンとリビングが行き来しやすいことも重視して住まい造りを行いました。